内部監査員養成セミナー カリキュラム

ISO 9001品質マネジメントシステムの場合の例を次に示します。

時間割 カリキュラム 品質マネジメントシステム
[ISO 9001の場合]
第一日目
午前
受講者自己紹介

規格要求事項の解説
1.規格制定の経緯
2.規格の概要
3.適用範囲、引用規格、用語の定義
4.品質マネジメントシステム
5.経営者の責任
第一日目
午後
規格要求事項の解説(続き) 6.資源の運用管理
7.製品実現
8.測定、分析及び改善
事例研修 「事例」による要求事項に対する「不適合事項」の指摘研修
2日目
第二日目
午前
内部監査の進め方 監査の進め方の詳細を説明
事例研修 「内部監査チェックリスト」の作成研修
第二日目
午後
実地研修 監査側、被監査側に分かれての「ロールプレー」による体験
テスト 研修の有効性評価のため
修了証書の交付 テスト合格者に授与

監査員が「内部監査」を実施できる力量を持つためには、上表のごとく2日間コースを受講する必要があります。



技術士による確かなコンサルティング! まずはご相談下さい。

  コンサルティング費用一覧表
  ISO認証取得 コンサルティングスケジュールの事例
  当センターの特徴            TOPへもどる