新JISマーク認証登録 申請様式と解説

JISマーク省令第2条第2項 品質管理体制の基準(B)の場合
(基準B=ISO 9001登録工場の場合)

@ 申請書:審査機関の様式を使用する。

A 添付資料

[1] 認証を受けようとする製品に係わる工場又は事業場に関する事項 様 式
工場の沿革 様式自由
工場の配置図 様式自由
従業員数(企業全体の人数も記載) 様式自由
工場の組織図(品質管理責任者の位置付けの明確化) 様式自由
製品の最近6カ月間の月別生産数 様式自由
製造工程の概要図 工程フロー図等
製品に係わる品質システムの概要 別表 参照
製品に係わる品質特性等の概要 様式B1参照
購買情報 主要原材料の名称、製造業者名、品質確保方法の概要 様式B2参照
工程管理 工程中における品質管理状況の概要 様式B3参照
製造設備 製造設備の名称、公称能力及び設備管理 様式B4参照
監視・測定 監視機器・測定機器の管理 様式B5参照
外注管理 外注状況及び外注管理の概要 様式B6参照
苦情処理 苦情処理の記録 様式B7参照
[2] 認証を受けようとする製品、その包装等に付する表示の態様 様式B8参照
[3] 認証を受けようとする製品に係わる品質管理責任者に関する事項 様式B9参照
品質管理責任者の氏名、生年月日、職名及び最終学歴
品質管理責任者の認証を受けようとする製品の製造に必要な技術に関する実務経験
品質管理責任者の標準化及び品質管理に関する実務経験及び専門知識の習得状況


B 各様式と記入事項

様式B1 [製品に係わる品質特性等の概要]

日本工業規格の番号及び名称 JIS xxxx
JISの規格条項 製品の規格 品質検査方法 試験方法
該当するJISに規定する品質特性の条項番号 ・品質特性ごとに社内規格に規定しているものを記入(種類が多い場合は、代表的な種類について記入) ・品質特性ごとに社内規格に規定している検査方法(全数検査又は抜取検査の別/抜取検査の場合は、ロットの大きさ(N)、サンプルの大きさ(n)、ロット判定基準、不合格ロットの処置等)を記入する。
・最近6ヵ月間の品質管理の状況を付記し、下記を明記する。
@ ヒストグラムにはサンプルの数、平均値、
 標準偏差、社内規格値
A 不良率には、サンプルの数、合否判定基準
該当するJISに規定する試験方法の条項番号

様式B2 [原材料、部品等の名称及び品質]

認証を受けようとする製品に係わる主要原材料の名称、製造者の氏名又は名称、品質確保の方法等の概要

原材料名
(製造業者名)
原材料の品質 受入検査方法 保管方法
・原材料、部品及び副資材について、社内規格に規定している各原材料について記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある原材料は必ず記入する。
・「原材料名」の下に、( )書きでその原材料の製造業者名(又は銘柄)を記入する。
・原材料ごとに社内規格に規定している品質項目及びその規定値を記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある品質項目は必ず記入し、その品質項目について社内規格に規定している規定値等を記入する。
・ただし、同一原材料で種類が多い場合は、代表的なものについて記入する。
・原材料ごとにその方法(全数検査又は抜取検査の別、また抜取検査の場合は、ロットの大きさ(N)、サンプルの大きさ(n)、ロット判定基準、不合格ロットの処置等)を記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある受入検査方法は、必ず記入する。
・原材料ごとに、社内規格に規定している保管方法について記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある保管方法は必ず記入する。

様式B3 [工程中における品質管理状況の概要]

工程名 管理項目 品質特性 管理方法 検査方法
規定がある工程は必ず記入する。 ・ただし、登録認証機関が定める認証手順に規定している工程のうち、まとめて一つの工程としている場合には、工程名の下に括弧書きで、登録認証機関が定める認証手順に規定している工程名を記入する。
・工程の一部を外注工場で行っている場合には、外として工程名の前に記入する。
・社内規定に規定している管理特性及びその規格値等を記入する。
・管理項目については、温度、圧力、主軸の振れ等、品質に影響を与える要因のうち、管理の対象としている項目及びその規定値等を記入する。
・また、品質特性については、硬さ、引張強さ等について、その品質特性の項目及びその規定値を記入する。
・「管理項目及び品質特性」に対応する社内規格に規定している管理方法及び検査方法を記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある管理方法及び検査方法は必ず記入する。
・また、管理方法については、管理項目ごとに管理の頻度、時期、サンプルの大きさ、管理図の種類等を記入し、検査方法については、品質特性ごとに全数検査又は抜取検査の別(抜取検査の場合は、ロットの大きさ(n)、ロット判定基準、不合格ロットの処置等)を記入する。

様式B4 [主要製造設備、及びその管理の概要]

主要製造設備の名称(型式、銘柄) 台数 公称能力
(容量、精度等)
設備管理
点検又は検査の箇所・項目 点検又は検査の周期
・使用している製造設備のうち、社内規格で設備管理を規定している製造設備名を記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある製造設備は必ず記入する。
・ただし、主要製造設備が・使用している製造設備のうち、社内規格で設備管理を規定している製造設備名を記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある製造設備は必ず記入する。
・ただし、主要製造設備が登録認証機関が定める認証手順に規定しているものを二つ以上兼用している場合には、主要製造設備の下に括弧書きでそれらの名称を記入する。
・なお、主要製造設備が外注工場にある場合には、外 として設備の名称の前に記入する。
・主要製造設備ごとに社内規格に規定している点検又は検査の箇所・項目及び周期を記入する。
・なお、点検又は検査を外部に依頼している場合には、点検又は検査の箇所・項目の下に括弧書きで依頼先の名称を記入する。

様式B5 [主要試験・検査設備、及びその管理の概要]

主要試験・検査設備の名称(型式、銘柄) 台数 公称能力
(容量、精度等)
設備管理
点検又は検査の箇所・項目 点検又は検査の周期
・使用している試験・検査設備のうち、社内規格で設備管理を規定している試験・検査設備名を記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある試験・検査設備は必ず記入する。
・ただし、主要試験・検査設備が登録認証機関が定める認証手順に規定しているものを二つ以上兼用している場合には、主要試験・検査設備の下に括弧書きでそれらの名称を記入する。
・なお、主要試験・検査設備が外注工場にある場合には 外 として設備の名称の前に記入する。
・使用している試験・検査設備のうち、社内規格で設備管理を規定している試験・検査設備名を記入する。
・なお、登録認証機関が定める認証手順に規定がある試験・検査設備は必ず記入する。
・ただし、主要試験・検査設備が登録認証機関が定める認証手順に規定しているものを二つ以上兼用している場合には、主要試験・検査設備の下に括弧書きでそれらの名称を記入する。
・なお、主要試験・検査設備が外注工場にある場合には 外 として設備の名称の前に記入する。
・主要試験・検査設備ごとに社内規格に規定している点検又は検査の箇所・項目及び周期を記入する。
・なお、点検又は検査を外部に依頼している場合には、点検又は検査の箇所・項目の下に括弧書きで依頼先の名称を記入する。

様式B6 外注状況及び外注管理の概要

工程名又は試験・検査項目 外注率(%) 外注先(名称及び住所) 管理方法及び検査方法
  [外注率]認証に係わる工場、外注先における当該工程の加工の合計に対する外注先における当該工場の加工の割合を[記入(試験・検査については、記入不要)
・「外注管理; 製造工程の一部について他の業者に加工を依頼している場合」
@「管理項目及び品質特性」: その工程における管理項目(加工条件)、品質特性等を記入
A「管理方法及び検査方法」: 管理項目、品質特性に対応する管理方法、検査方法を記入
・「外注管理: 製品の試験・検査を他に依頼している場合」
@「管理項目及び品質特性」: 試験・検査の項目を記入
A「管理方法及び検査方法」: 試験・検査の依頼する周期、試料数を記入

様式B7 苦情処理の概要

苦 情 処 理
社内規定に規定している苦情処理フロー図(系統図)を記入する。

様式B8 認証を受けようとする製品、その包装等に付する表示の態様

日本工業規格の番号、名称及び等級又は種類 表示を付す
製品の単位
表示場所 表示の方法及び付記の方法 表示事項及び付記事項
JIS xxxにおいて表示すべきものとして定める事項及び登録認証機関が認証事項に係わる製品について、認証を受けた場合において製品又はその包装、容器若しくは送り状に付すこととしているものを具体的に記入する。
「1製品ごと」「1包装ごと」など、表示を付す単位を記入する。
「表面」「外部」等、表示を付す場所を記入する。
「印刷する」「押印する」「証紙を付する」など、表示を付する場所を記入する。
「新JISマーク」
「認証番号」
「製造年月」
「名称」
「日本工業規格の種類:JIS xxxx」
「等級」など、表示する事項をあげ、かつ、その内容を記入する。
・この場合、JISマーク直径  mm」「製造業者名 ○○株式会社」のように表示事項及び付記事項と内容とを対応させて記入する。

様式B9 品質管理責任者申請様式

事  項 内   容

   (ふりがな)
(1)
   氏   名

(姓) (名)
(2)生 年 月 日 明・大・昭
                          年      月      日
(3)職 名 (分類番号)

(名称)
(4)最終学歴 (分類番号)

(名称)
(5)認証を受けようとする鉱工業品の製造に必要な技術に関する実務経験
  通算経験年数         年
企業名 所属部署 期間





(6)標準化及び品質管理に関する実務経験
  通算経験年数         年
企業名 所属部署 期間





(7)標準化及び品質管理に関する専門知識の修得状況(次のイ、ロ、ハの該当する箇所に記入すること。)
 イ.大学、短期大学又は高等専門学校において履修
学校名 学部学科名 卒業年 履修科目名





 ロ.講習会等の過程を修了
講習会等実施機関名 受講期間 講習会(コース)名





 ハ.その他の方法で修得

(                                                                   )

[別表]

製品に係わる品質システムの概要(事例)

「xxに係わる品質システムの概要」

ISO 90001(JIS Q 9001)による要求事項 要求事項に対する○○社
規定内容の概要
参照規定
  [○○社 品質マニュアル]xx版
品質マネジメントシステム 4.品質マネジメントシステム ――
4.1 一般要求事項 4.1 一般要求事項 ――
4.2 文書化に関する要求事項 4.2 文書化に関する要求事項 ――
4.2.1 一般 4.2.1 一般 ――
4.2.2 品質マニュアル 4.2.2 品質マニュアル ――
4.2.3 文書管理 4.2.3 文書管理 「文書管理規定」
4.2.4 記録管理 4.2.4 記録管理 「記録管理規定」
経営者の責任 5.経営者の責任 ――
5.1 経営者のコミットメント 5.1 経営者のコミットメント ――
5.3 品質方針 5.3 品質方針 ――
5.4 計画 5.4 計画 ――
5.4.1 品質目標 5.4.1 品質目標 ――
5.5 責任、権限及びコミュニケーション 5.5 責任、権限及びコミュニケーション ――
5.5.1 責任及び権限 5.5.1 責任及び権限 ――
5.5.2 管理責任者 5.5.2 管理責任者 ――
5.5.3 内部コミュニケーション 5.5.3 内部コミュニケーション ――
5.6 マネジメントレビュー 5.6 マネジメントレビュー ――
5.6.1 一般 5.6.1 一般 ――
5.6.2 マネジメントレビューへのインプット 5.6.2 マネジメントレビューへのインプット ――
5.6.3 マネジメントレビューからのアウトプット 5.6.3 マネジメントレビューからのアウトプット ――
資源の運用管理 6. 資源の運用管理 ――
6.1 資源の提供 6.1 資源の提供 ――
6.2 人的資源 6.2 人的資源 ――
6.2.1 一般 6.2.1 一般 ――
6.2.2 力量、認識及び教育・訓練 6.2.2 力量、認識及び教育・訓練 ――
6.3 インフラストラクチャー 6.3 インフラストラクチャー ――
6.4 作業環境 6.4 作業環境 ――
製品実現 7 製品実現 ――
7.1 製品実現の計画 7.1 製品実現の計画 ――
7.2 顧客関連のプロセス 7.2 顧客関連のプロセス ――
7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化 7.2.1 製品に関連する要求事項の明確化 ――
7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー 7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー 「営業管理規定」
7.4 購買 7.4 購買 「購買管理規定」
7.4 購買プロセス 7.4 購買プロセス ――
7.4.1 購買情報 7.4.1 購買情報 ――
7.4.2 購買情報 7.4.2 購買情報 ――
7.4.3 購買製品の検証 7.4.3 購買製品の検証 「受入検査規定」
7.5 製造及びサービス提供 7.5 製造及びサービス提供 「生産管理規定」
7.5.1 製造及びサービス提供の管理 7.5.1 製造及びサービス提供の管理 xx作業手順書
7.5.2 製造及びサービス提供に関する妥当性の確認 7.5.2 製造及びサービス提供に関する妥当性の確認 ――
7.5.3 識別及びトレーサビリティ 7.5.3 識別及びトレーサビリティ 「製品の識別及びトレーサビリティ管理規定」 
7.5.4 顧客の所有物 7.5.4 顧客の所有物 ――
7.5.5 製品の保存 7.5.5 製品の保存 「製品保存管理規定」
7.6 監視機器及び測定機器の管理 7.6 監視機器及び測定機器の管理 「監視機器・測定機器管理規定」
測定、分析及び改善 8 測定、分析及び改善 ――
8.1 一般 8.1 一般 ――
8.2 監視及び測定 8.2 監視及び測定 ――
8.2.2 内部監査 8.2.2 内部監査 「内部監査管理規定」
8.2.3 プロセスの監視及び測定 8.2.3 プロセスの監視及び測定 ――
8.2.4 製品の監視及び測定 8.2.4 製品の監視及び測定 「製品検査規定」
8.3 不適合製品の管理 8.3 不適合製品の管理 「不適合製品管理規定」
8.4 データの分析(8.4 a項は除外) 8.4 データの分析 ――
8.5 改善 8.5 改善 「是正処置・予防処置管理規定」
8.5.1 継続的改善 8.5.1 継続的改善
8.5.2 是正処置 8.5.2 是正処置
8.5.3 予防処置 8.5.3 予防処置

(注)5.2、7.2.3、7.3、8.2.1、8.4a)は除いている。


JIS(日本工業規格)マークのページへ

無料相談受付中! 詳しくは下記バナーもしくはお問合わせページから


当センターでは、新JISマーク取得のコンサルティングについて、次のように進めさせて頂きます。
(1) 貴社の企業実態によく配慮しながら、負担が多くかからない最適のシステムを構築します。
(2) 認証取得して製品に「新JISマーク」を表示できるまで、責任を持って当たります。
(3) 製品自体の技術についての課題があれば、技術ノウハウがある技術士が相談に乗ります。
(4) 生産体制、品質管理体制のレベルアップを図ります。
(5) この際、ISO 9001の認証を取得したい場合は、もちろんコンサルティングをさせて頂きます。


技術士による確かなコンサルティング! まずはご相談下さい。

  コンサルティング費用一覧表
  ISO認証取得 コンサルティングスケジュールの事例
  当センターの特徴            TOPへもどる